人として尊敬できることが彼氏への最短ルート!女性からの尊敬を手に入れろ【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第2章⑨-

「可愛いあの子と付き合いたいけど、どう口説けば良いか分からない」
「職場で気になる人がいるけど、なかなか誘う勇気が出ない」

そんな人に向けて、今日から出来る恋愛におけるチート術、「尊敬」について解説していきます。





どうも!プロの教育者×ナンパ師ティノです。

今回はですね、恋愛の一番のチート術ともいえる、「尊敬」について紹介していきます。

このブログで、数々の恋愛テクニックを解説していますが、正直この尊敬を手に入れられさえすれば、他の口説きのプロセスを一気にショートカット出来るような、そんな凄技なわけです。

この記事を読むことによって、きっと恋愛における尊敬の大切さ、尊敬に至るプロセスについて理解していただけると思います。

それでは早速、なぜ尊敬が恋愛におけるチート術なのかを解説していきましょう。





1:人として尊敬できることが彼氏への最短ルート

尊敬できることが恋愛につながる。

なかなか男性が理解出来ない部分なので、実感はわかないかもしれません。
しかし、尊敬の感情と恋愛感情はかなり密接な関係性があるのです。



男性が女性に尊敬の感情を抱くことは少ないでしょう。
もし抱いたとしても、それは自分より上の存在になるため、それが恋愛感情に繋がることはあまりありません。

例えば、女性が職場の上司と恋愛関係になることはよく耳にすることですが、男性が職場の上司と恋愛関係になる話はあまり聞きません。

男性は守りたい女性に恋愛感情を抱くのに対し、女性は守ってくれる男性に恋愛感情を抱くためです。




1.1:女性は尊敬が恋愛感情に繋がりやすい

女性の場合、人に尊敬の感情を抱くと、それは自分より上の存在へと変化します。そしてその上の存在というのが、女性の恋愛感情に繋がるのです。

女性は男性と違い、守ってくれそうな、そんな強い男性に恋愛感情を抱きます。
尊敬の感情というのは、まさにそのような男性像と映るため、尊敬できる人=好きかもしれないという等式が成り立つわけなんですね。

そして尊敬や憧れといった類の感情というのは、その感情を抱いた人間の中で強くイメージされ、思考によく登場する対象となります。
よく考えてしまう対象というのは、単純接触効果にも似たような効果が発生し、好意を抱きやすい傾向にあります。

「あの人ならこういう時、どんなふうに考えるのだろう」
「あの人だったらどう対処していたのだろう」


そうして勝手に良いイメージが蓄積されていき、知らない間にそれが恋愛感情へと変遷するわけです。
尊敬を抱かれた側からすれば、尊敬の対象となっただけで、相手がイメージを膨らませ勝手に好意へと繋げてくれるのでなかなかのチート術、ということになります。



例えば、貴方が尊敬出来る人物はいますか??
同性でも構いません。一度尊敬してしまったら、知らない間にその人物に対する好感度が勝手に上昇していきませんでしたか?
その感覚で女性は人を好きになるのです。




2:女性からの尊敬を手に入れるには

では、そんな尊敬というチート術、どのようにすれば実現することが出来るのでしょうか。
単純に言ってしまえば、相手のコンプレックス、短所、弱点を得意としている男性がそのチート術を実現することが出来ます



早い話、仕事が出来る上司が尊敬されるのは、誰もが納得のいくところだと思います。

「若手の女性社員に物事を優しく教えてくれて、なのに自分の仕事は早い男性。」

誰が聞いてもモテそうな雰囲気がしますよね。笑

つまりは、もし貴方が職場の女性を口説きたいのであれば、仕事で魅せることが最も手っ取り早い尊敬術になります。



2.1:相手のコンプレックスを知りそれを上手に振舞う

  • 相手がなかなか仕事で行き詰っているなら、仕事を要領よく行う自分になり、それを基にアドバイスしてみる。
  • 相手がお洒落になりたいけどお洒落になれないなら、圧倒的なお洒落さを見せつける
  • 相手が朝に弱いなら、朝に強く常にピシッとした雰囲気を醸し出す。

このように、相手の足りない部分を持っている男性は、基本的に尊敬の対象になります。



とはいっても、そんなことはなかなか簡単にはいかないでしょう。
相手の丁度足りない部分を、偶々自分が持っているなんてことは稀です。
とはいえ、それを最初からあきらめるのではなく、身に着けられるように努力してくださいね。

それよりも簡単に、尊敬の対象となることが出来る部分があります。
それが、価値観なのです。



2.2:価値観で相手の尊敬対象となる

価値観というのは千差万別ではありますが、世の中には良しとされる価値観があります。

例えば、ポジティブシンキング。

女性は特にネガティブな傾向があります。
そこで、仕事の相談などを聞いた際は、全てポジティブに返答してみてください。

りのちゃん「また部長に怒られました…私向いていないのかもしれません。もっと前向きな性格だったら良かったんですが。辛いです。」

ティノ「怒られると辛いよね。でもその辛いって感情は、自分が頑張っている証拠だと思う。もし責任感がない人間だったら、仕事でミスをしたとしても、そんなふうには感じない。辛いと感じている自分は、頑張っている証拠だと思って、少し褒めてあげても良いんじゃないかな。ミスしないように対策をするのは、それからでも問題ないよ。」


ちょっと胡散臭くなってしまいましたが、こんな感じです。笑
前向きになりたいと女性が考えているのであれば、男性側はポジティブな価値観を伝達します。

常にそのポジティブシンキングを伝達し続けていると、「私もあんな風になりたい」という思考が女性に芽生え、こちらの思考を模倣するようになります

そうすればもう、こちらのもの。尊敬の気持ちを手に入れたのです。




3:デートに誘いずらいなら行動で魅了し、誘えるなら価値観で魅了する

先ほど紹介したように、尊敬には仕事や仕草、振る舞いに対する尊敬と、価値観や考え方の2通りのパターンがあります。
これらは場面に応じて使い分けていきましょう。

もし貴方が会社で気になる女性がいるとします。
社内というのは、恋愛をしたり失敗したりすると一気に噂が広がるかなりリスクが高いものですよね。
そんな女性に、いきなり2人で飲みに行こうというのはなかなかハードルが高いはずです。

そうであれば、行動で女性を魅了しましょう。
仕事だったり、服装だったり、振る舞いだったり、そういった面で、女性から尊敬の感情を抱かせられるように努めます。

仕事が出来る男性はモテますよね。そういった男性は、行動で女性を魅了しているのです。



逆に、職場や学校などであまり顔を合わさないような、それこそストリートナンパで捕まえた女性に対しては、飲みに誘い、価値観で魅了することが出来ます。

飲みに行く過程でちょっとした行動で魅了出来るのでは?
と思われるかもしれませんが、行動に対する尊敬の感情というのは日々の積み重ねから生じるものであり、1回や2回飲みに行ったくらいでは、いくら行動が良くてもそれが尊敬に繋げることは至難の業です。

それよりも、深い価値観を共有し、価値観や考え方に尊敬の感情を抱かせることを目標にしていきましょう。

具体的にどうのような価値観を掲示すれば良いかは、このブログで何度も解説してきていますので、様々な記事を読み返してみてくださいね。
第4章の内容が、主に該当記事になります。






以上、女性に尊敬の感情を発生させ好意に繋げる理由とその方法でした。
これは会社でなかなか親密になれない女性にも使えるテクニックになるので、日常に是非取り入れてみてください。

ティノ





-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*