女性が心を開く男性になる魔法の一言!未来を連想させる仮定法の重要性【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第5章 誘惑③-

「どうせヤリモクでしょ。」
こんな言葉を女性に言わせていませんか?
それは、相手からの信頼度が不足している、すなわち、真に女性が心を開く男性になりきれていないのです。
そんな男性になれる魔法の一言をナンパ師が伝授します。





どうも!プロの教育者×ナンパ師、ティノです。

今日は、巷でよく耳にする言葉「どうせヤリモクでしょ」と思わせない、言わせない、女性が安心するような男性になるための対策をお伝えしていきます!




1:女性が心を開く男性になるために未来を連想させる

突然ですが、女性が心を開いていない場合に口説こうとすると、大抵次のような言葉が発生します。

りのちゃん「どうせヤリモクでしょ。」


なぜ女性がこれほどまでにヤリモクを嫌悪するのでしょうか。
男性からしたら、ヤリモクの女性に口説かれたらそれはもうありがとうございますって感じですよね。笑

でも、女性は逆なんです。



1.1:なぜ女性はヤリモクを嫌悪するのか

一言で言うと、不安なんです。
女性は生物学的に、男性から種を受け取り、胎内の中で子供を育て、出産する必要があります。
その期間、母子は無防備でとても危険な環境下におかれるわけです。

ではそれを守るのは誰なのか、それが男性なんです。

つまり、一方的に子供を妊娠させられ、男性がどこかにいってしまう。
それは母子の安全性が確保されない恐怖であることを、女性は本能的にインプットしています。

女性が強そうな男性を好む傾向にあることは本能的なものであると解説してきましたが、女性がヤリモクを嫌悪する理由も同様のものになります。



男性は逆に種をばらまけばいい存在なので、ヤリモクが恐怖対象にはなりません。

そんな女性の「捨てられるのではないか」という恐怖心、不安が、世の中のヤリモクをここまで嫌悪するに至ったわけです。



とはいえ、現代は現代であり、昔ほど身の回りに危険が潜んではいません。
そんなわけで、昔より貞操観念の低い女性が増えてきて、かつシングルマザーでも十分子供を育てられるようになりました。
しかし、そんな中でもやはりヤリモクは嫌悪されるものなのです。



1.2 未来連想という魔法の言葉

正直なところ、ヤリモクというのは、身体関係以上にその女性に対して男性が魅力を感じなかったため起こり得ることなので、一概に男性が悪と決めつけてしまうのもどうかとは思いますが、世の中は大なり小なりヤリモクは悪と謡われています。
すなわち、女性が心を開いていない状態で口説いてしまい、ヤリモクと捉えられる事はマイナスイメージにつながってしまいます

それを一番に払拭させる方法、それが未来を連想させるということなのです。

勿論、男性の話し方や振る舞いで落ち着いているのか、軽そうな感じなのかにもよってきてしまいますが、それでもやはり未来の連想というのは女性になかなかの安心感を与えることが出来ます

例えば、

ティノ「りのちゃん、休みの日はなにしてるの?」

りのちゃん「んー映画とかドラマ見たりとかかな」

ティノ「お、いいね。俺も映画好きなんだけど、今度一緒に行こうよ!タピオカを帰りに飲みたい笑」


はい。具体的に未来の約束を女性としています。

こうすると、少なからず次への期待が生まれるため、女性の中でヤリモクではないか、といった不安が払拭されるのです。
こうすることで、本当に女性が心を開いてくれるようになります。



その他にも

ティノ「りのちゃん、動物飼うなら猫派?犬派?」

りのちゃん「んーやっぱり犬かな」

ティノ「んー、そしたら俺らがもし一緒に住んだら犬飼おうか笑」


これは抽象的な未来への言及になります。

一緒に住んだらというのは、もうはるか先の未来の話ですよね。
具体的な未来への言及でなくとも、少なからず未来に言及しておくことで、簡単に捨てられることはないと女性に安心感を与えることが出来ます

ただし、このような女性に安心感を与えたあと、お持ち帰りをし、ばっさりと捨ててしまうと恨まれてしまうことにもつながりかねません。
特に相手がメンヘラ気質を持っている場合には注意が必要です。



どのくらい未来に対し言及した場合に、どの程度女性がそれを本気にするのか。
それを見定めたうえで、どのような未来を連想させるかを決定していく必要があります

あくまで、リスク管理は自己責任です。
とはいえ、この未来連想は女性の心を開くことへ強力に作用します




2:未来を仮定し要求を実現させる

これまで、女性の心を開くための未来の連想について解説してきました。

この未来への連想は、今まではネガティブイメージを払拭させるもののための使用でしたが、ポジティブ効果にもつなげることが出来ます。

それが、未来を仮定し要求を実現させるというものです。



これは、営業のテクニックでもよく用いられるものなのですが、相手にこちらの要求を通したいとき、仮定法を使うとうまくいくというものです。

例えば、ティノがウォーターサーバーの営業マンだったとすると、

ティノ「もしお客様がウォーターサーバーを購入したとすると、月々の価格はこれくらい、さらにお得なサービスとして……」


なんてアプローチを行うのです。
これを恋愛にも応用していきます。



2.1:例①二人の身体関係を例示する

ティノはナンパ師なので、このテクニックを使うときは、主に身体の関係を持ちたい時が多いです。

では相手と自分、二人の身体関係、すなわち身体的な接触、お持ち帰りを想定させるにはどうすれば良いでしょうか。

簡単な話です。仮定として例示すればいいんです。

りのちゃん「ティノくん、職場とか関係性が近い人と関係持ったりするの?気まずくならない?」

ティノ「んー例えばさ、俺とりのちゃんが一夜を共にしたとするじゃん?そうなったとしても、俺は彼氏ずらしないし束縛なんて出来ないし、今まで通り接すると思うよ。もちろん、特別視はしちゃうかもだけどね。笑」


どうでしょう。
ティノがお持ち帰りの際に毎回と言っていいほど多用する表現です。笑

二人の身体関係を例示していますよね、
そうすることで相手に自分との身体的接触を連想させ、それが現実味を帯びてきたかのように感じさせることが出来ます。





そして気付いている人もいるかもしれませんが、未来への連想も同時に行っているんです。

  • 身体的接触をしたとしても関係は壊れない
  • 身体的接触をすれば特別視する


この2つ、女性にとってはメリットでしかありません。
それを暗に含ませ、明示しているのです。



2.2:未来を仮定すると相手の好意が分かる

そして、もう一つ。
このルーティンには、強力な診断能力があります。

ここの表現で、相手と自分の身体的接触を連想させるといいました。
つまり、相手はそれを脳内で仮定します。

自分と身体的接触をすることに抵抗があるようであれば、「えー、あり得ないよ笑」といったレスポンスが返ってきます





しかし、そんな抵抗は示さず、すんなりとこの仮定を受け入れられているようであれば、それなりにお持ち帰りも成功しやすいサインになります。

そしてなにより、経験上抵抗を示さない女性は、スムーズに持ち帰ることが出来ています(ティノの統計学的考察ですが笑)。



つまるところ、この未来の仮定は、一つの表現で2つの効果が期待できる。
そんなルーティンになるので、表現方法は違えど是非使用してみてください。



「いきなりそんな大胆なこと言えないよ!!」って人は、それこそデートに行ったり、カップルになったり、恋人になったり。
様々なものを仮定して表現してみればいいのです。

そうすることで相手の脳内でそれが現実味を帯び、抵抗を少なくし、未来を連想させることで不安を払拭させることも出来ます。

まさに最初に紹介した女性への安心感も与えられる、3つの効果を帯びた魔法の言葉となり得るのです。

ティノ「俺、りのちゃんと恋人になったら、休みの日に日向ぼっこしたいんだよね笑」

りのちゃん「なにそれ。笑」

ティノ「なんか、落ち着ける人と一緒に部屋で日向ぼっこするって夢でさ。お互いじじばばになっても、平和な日常を過ごしていけそうじゃん?」


こんな感じです。

しかし、こちらがヤリモクであるのにもかかわらず、こんなことを言うと相手は未来を期待してしまいます。
その期待を裏切れば、それは女性が悲しむことになるので、使いどころ、使う対象には気をつけてください。





以上、未来を連想させるという強力な恋愛術の紹介でした。

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*