恋愛が上手くいかない人必見!「気が合う」ための価値観の共有方法【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第4章28-

「初対面の女性と信頼関係を構築するまで時間がかかる」
「価値観を引き出しているつもりだけど、何か心の繋がりを感じない」
そんな人、もしかしたら「価値観」へのアプローチを変えてみると、上手くいく場合があるかもしれません。
ナンパ師がよく使う価値観の共有について解説します。







どうも!プロの教育者×ナンパ師ティノです。
今回はですね、信頼関係構築にまず必要な価値観の共有について解説します。

この価値観の共有がうまくいってないと、大体の恋愛は上手くいきません。
そのくらい重要なプロセスなのです。

この記事を読むことによって、初対面の人に対し、スムーズな信頼関係構築、はたまたそれを恋愛関係に繋げることが出来るようになるはずです。
「とりあえず相手の考えを聞いて、共有すれば良い」と思っている人、それだけではなかなか上手くいかないものです。
是非最後までご覧ください。






1:価値観の共有はなぜ必要か

男女2人でデートに行ったときに、必ず登場するであろう恋愛トーク。
恋愛には正解がないので、人それぞれの考えがあります。
そこに理解を示すことこそ、口説きのステップでは必須と解説してきました。

◆恋愛トークにおける価値観引き出し


ではなぜ価値観の共有が、人の仲を深めるために必要なのでしょうか



1.1:価値観の共有は人の承認欲求を満たす

人は自分の価値観、すなわち考えを人に分かってもらいたいという感情が必ずあります。
相手の価値観というのは、相手が今まで育ち、生きてきた環境で形成されたいわば自我、自己表現のようなもの。
その価値観を人に話し、相手に分かってもらうというのは、人にとっては強力な快感と、好意を与えます

それゆえに、恋愛、口説きというフェーズでは、価値観の共有が必要になるのです。





自分の価値観を人に話して、それに同意を得られた時、相手を良き理解者だと感じたことはありませんか?

例えば

ティノ「みんなリーダーのこと嫌ってるけど、俺リーダーは陰で頑張ってて良いなと思ってるんだよね」

りのちゃん「私もそれ思ってた!ティノ君、ちゃんと人のこと見てるんだね。


こんな一つの会話にフォーカスしてみても、相手がこちらのことを理解しているということが伝わる文章になっています。

このように、人は自分の価値観に同意されると承認欲求が満たされ、相手に好印象を抱く生き物なのです。



1.2:価値観の共有が人の信頼関係を最も簡単に深める

価値観の共有がなぜ必要なのか、もうご理解いただけたと思います。

価値観を共有することは相手を知ること、こちらを知ってもらうことに繋がり、そこに同意が発生した場合、人は承認欲求が満たされ、相手に心を開いていくのです。



それゆえに、「でも~」や「しかし~」など、Butから会話をはじめてしまう人は、なかなか人から好印象を抱かれにくい傾向が出てきてしまうのです。

しかし、この価値観の共有、簡単そうに見えて実は奥が深い。
価値観の共有は、簡単そうに見えて、ただ相手の考えに同調しているだけでは、浅い関係性は築けても、なかなか深い関係性になるまでに時間がかかってしますのです。

そのため今回は、価値観の共有にまつわる2つのアプローチ方法を紹介します。
どちらか片方のみを実践している人が多いですが、これは2つの側面からアプローチすることで、更なる効力を発揮するのです。




2:相手の価値観を引きだす2つのアプローチ

その2つのアプローチがどういったものなのか。
ざっくり一言で表現すると、

  1. 相手の行動に対する考え
  2. 物事に対する考え

を聞きだすということになります。
一つ一つ見ていきましょう。



2.1:相手の行動に対する価値観を引き出す

一つ目は相手の行動に対する価値観を引きだす方法です。

これは、相手の単純に相手の考えを質問し、それを同調していくだけなので、簡単ですが浅い信頼関係の構築でとどまってしまう可能性があります。

反対に、ここで相手を否定しまうと、相手の行動そのものを否定していることに繋がるので、相手の考えの否定は基本的にはNGです。
どうしても否定したい場合には、共感の記事で解説しましたが、必ず相手を一度共感してから相手を否定するようにしてください。

◆共感してから相手を否定する(共感に関する解説記事)


この価値観引き出しのアプローチはこのような感じです。

ティノ「りのちゃん、その服、ピンクで可愛いね。どうしてその服を買おうと思ったの?」

りのちゃん「んー、なんかピンク色が好きなんだよね」

ティノ「やっぱり女の子らしくて可愛い雰囲気だったからとか?」

りのちゃん「んーどちらかというとサンリオが好きだからかな笑」

ティノ「サンリオか!俺も多摩センターにいるような女の子の恰好めっちゃ好きだから分かるわ笑」


このように、相手の行動に対して、相手の考えを聞き出しそれに同調していきます。
他にも現在だけではなく過去に言及することが可能です。

ティノ「りのちゃん高校の時恋愛とかしてた?」

りのちゃん「あたし、女子校だったから全然恋愛とかなかった泣」

ティノ「女子校だったのか!どうしてまた女子校に入ろうと思ったの?」

りのちゃん「いやー制服が可愛くて笑 今思えばなぜそんなことで女子校にしてしまったのかと思ってるけど」

ティノ「いや、制服の可愛さは大事だよ、あとから写真見返した時とかめっちゃ映えるし!それに女子校の子たちって、擦れてないというか、純粋さがあるというか、俺は女子校出身の女性の方が好感度高い笑」


このように、相手の過去の行動に対する考えを引き出していきます。

これは誰にでも出来る簡単なテクニックです。
これである程度は信頼関係を築くことが出来ます
しかし、もっと早く信頼関係を築きたいのであれば、更なる難しい引き出しに挑戦していく必要があるのです。



2.2:一つの物事に対する考えを引き出す

その方法というのが、一つの物事に対する考えを質問し、必要に応じてこちらの意見も述べた上で相手を受容するというものです。

例を考えてみます。

りのちゃん「・・・ってわけで、後輩が全然言うこと聞いてくれなくてさー」

ティノ「なるほど、りのちゃんは教育に一番必要なものってなんだと思う?」

りのちゃん「やっぱり言うところはちゃんと厳しく言うってことかな」

ティノ「確かにそれは大切だよね。ただ厳しくいうだけじゃ伝わらない時もあるんだよなあ」

りのちゃん「そうかなあ、厳しく言ってればいつかは分かってくれそうじゃない?」

ティノ「もちろん、論理的に人は理解することは出来ると思うよ」

りのちゃん「というと?」

ティノ「りのちゃん、その後輩が必ず出来るようになるっていう心持ちでちゃんと教育してる?教育に重要なのは、教える側の期待みたいだよ」

りのちゃん「んー、よく分からない」

ティノ「教育に関して、ピグマリオン効果っていうのがあるんだけど、・・・(中略)」
ティノ「でも、その中で厳しいことをしっかり伝達するっていうのは本当に大切だと思う」


のような感じです。
少し論理的というか、議論というか、お互いの意見をぶつけつつ、相手を尊重する。
これにより、心の深いところで相手の理解者になることができ、相手も心の深いところで理解されたという感覚になることが出来るのです。





このように、相手の行動に対する価値観だけではなく、一つの物事に対する価値観について深掘りし、最後繋がることが出来ると、ただの共感よりもより一層の承認欲求を刺激することが出来ます。
このテクニックを使用していくのです。



他にも、

  • 不倫ってあり?なし?
  • 付き合う前に関係を持つことってどう思う?
  • 今の日本の状態についてどう思う?
  • 日本ってこれからどうなっていくと思う?
  • 世界はこれからどういう方向に向かっていくと思う?


など、相手の価値観、考えに対する話を、何らかの話の延長で聞いていってみてください。

あまり突発的にやりすぎると不自然ですが、それとなく深い話が出来ると、より相手の理解者になることが出来るでしょう。





この価値観引き出しはなかなか難しく、出来ない人が多いので、出来るようになると出会ってからほんの1時間程度で「なんか初めて会った気がしない」なんて言葉を手に入れることが出来ます。

そうなるともう信頼関係は築けたも同然、口説きであれば、あとは他の記事の通り、相手の好意を倍増していけば口説きが完結します。







以上、信頼関係構築にかかせない、価値観共有のテクニックでした。

価値観の共有には2つのアプローチがあることを知り、どちらとも対応出来るようになることが理想です。

例えば、ビジネスや同性なら相手の行動に対する価値観を、口説きなら物事に対する価値観を引き出すなど、臨機応変に対応することが出来れば、貴方も人間関係のスペシャリストです。

是非日常に活かしてみてください。

ティノ





-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*