女性のOKサインを引き出せ!女性を家に誘う際は未来連想を【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第5章⑨-


「この後、2人きりになりたいんだけど」
そう言って女性を誘ったとき、女性からの返答で困ったことはありませんか?
「いや、私付き合ってない人とはちょっと…」
こんな返答、よくありますよね。
そんなときにどのように対応すれば良いのか、女性の意図を軸にナンパ師が解説します!





こんにちは!プロの教育者×ナンパ師、ティノです!

今回は、女性とデートで仲を深め、「もういいかな?」と男性が思い女性を誘った際に頻出する女性の返答、「私、付き合ってない人とはヤらない」という言葉の意図と対応方法について具体的に解説していきます。



1:「私、付き合ってない人とはヤらないから」の意図

早速ですが、この「私、付き合ってない人とはヤらないから」の言葉が発生する原因は、以下の3つが想定されます。

  • そもそも身体関係を持ちたくない
  • 身体関係を持っても良いと思っているが、女性の価値観を超えるに至らない
  • 身体関係を持っても良いと思っているが、不安感が残る


このうち、一つ目の「そもそも身体関係を持ちたくない」については以下の記事で解説していますので、読んでいない人は参考にしてくださいね。







今回は二つ目、三つ目の要因について、具体例と共に考察していきます。




2:女性からの好意が不足している場合はさらに話す時間を作る

女性を家やホテルに誘った際、時期尚早であれば、おそらく「付き合ってないから」などの拒絶ワードが発生することでしょう。

しかし、その言葉の意図するところとしては、3つの種類があり、それぞれ対応方法を分ける必要があります。

まずは、女性からの好意が不足している場合について対応を見ていきましょう。



2.1:女性からの好意が完全に無い場合には改めてアポイントを取る

ここは上記の記事で解説しているので、そちらを参照してください。
好意が完全に無いのに、強引にお持ち帰りしようとすると、2人の関係性が一瞬にして壊れます。

また別の店に行っても、その日中のお持ち帰りはほぼ不可能なので、別日に改めてアポイントを取得した方が効果的です。

そうすることによって、女性の中で「今回は○回目のデート」という事実が生まれるためです。
女性にとっては、その前置きとも言える事実が重要なんです。



2.2:女性からの好意はあるが、身体関係に至る程へはない場合、もう1件店を挟む

さて、それでは次に、女性からの多少の好意があるものの、身体関係に至る程ではないケースについて解説していきます。



ここでは、以前紹介したお持ち帰りを試みる際のダブルバインドを例にしてみましょう。







ティノ「この後、2人きりになりたいなと思っていて。家で飲むか、一件バーを挟みたいとも思っているんだけど、どうだろう?」

りのちゃん「いやー、今日は帰るかな」

ティノ「え!なんで?一緒にいたくない?」

りのちゃん「付き合ってない人の家には行かないようにしてるんだ。」

ティノ「そっか、ただ、俺はりのちゃんのことを良いなと思ってる。りのちゃんは俺のことどう思ってるの?」

りのちゃん「良い人だとは思っているけど、付き合う前にはやりたくないんだ。」


こういった場合、「付き合う前にはやらない」と考えている女性に対して、対応方法としてはもう一件別のお店に足を運び、会話を重ねつつ「付き合う前に身体関係を持つメリット」をこちら側の価値観として、毅然として伝えていく方法が挙げられます。

ティノが使うのはこんな感じです。

ティノ「前に付き合ってた彼女との身体の相性が本当に悪くてさ」

りのちゃん「うんうん」

ティノ「でも、本当に可愛くて性格も良かったから付き合ったんだけど、結局は最後レスになって別れちゃって」

ティノ「付き合ったから身体関係を持つとか、持たないとか、そういう形式的なものではなくて、俺は目の前の女性のことを全て知ってから、結婚を前提に付き合いたいなと思ってる」

ティノ「りのちゃんのことも良いなと思ってて。俺はりのちゃんの全部が知りたい。」


文字にするとなんてこっぱずかしいセリフでしょう。笑

しかし、女性にとって、これは軽々しく見られていないことの証明になるので、少なくともテキトーにヤろうとしているような、ヤリモクの男性ではないんだなということが伝達されます。

そして、この付き合う前に身体関係を持つことのメリットを開示し、女性が流されれば、そのままなし崩し的にお持ち帰りすることが可能でしょう。



もっと説得術を強めるとすれば、「やらないなら恋愛出来ない」ということを暗に伝達すれば良いのです。

ただし、これは女性からの興味がかなり強まってないと成功しない方法になるので、男性側の相手の好意を見極める能力も重要となります。



少なくとも、ここで大切なのは、貴方がなぜ目の前の女性と関係を持ちたいと思っているかを、本気で伝達することです。
感情が入っていれば感情が入っているほど、女性の価値観というものも揺れ動かすことが出来ます。

今まで1回も遊んだことのない女性でも、我々が例外となることが出来るのです。




3:女性の背中を一押ししたい時は未来連想を

3番目、これは最も説得しやすい状態にある場合です。

それが、女性がこちらに一定以上の興味を持っており、身体関係に至る程ではあるが、不安感が残るために一歩を踏み出せないような状態です。



この場合は「付き合う前にやらない」の他にも、「まだ出会ったばかりだから」という拒絶になりやすい状態ではありますが、今回は付き合う前にやらないグダに効果的な説得術を紹介します。

それが、未来の連想です。




3.1:女性はヤり捨てされることに不安を感じている

なぜこの未来連想が強力かというと、不安感を感じている女性の根本的な原因はやり捨てされることだからです。





なんてったって女性にとっての一番の切り札は身体なわけですよ。

風俗やキャバクラの料金設定を考えてもわかるとは思いますが(ちなみに男性の切り札はお金です)、その身体を差し出すということは、女性にとってそれ以上の持ちカードがなくなります。

だから不安になるのです。





この不安を解消するには、未来の連想が絶大な効果を発揮します。
例えば、

ティノ「りのちゃん、映画とか好き?」

りのちゃん「好きだよーよく行く」

ティノ「お!俺も好きなんだよね。雪アナ2を見に行きたいと思っているんだけど、予定合ったら付き合ってよ」


こんな感じの、未来の連想がめちゃくちゃ大切なわけです。



3.2:未来を連想させることで女性の不安を払拭できる

他にも、旅行に行きたいだの、おいしいご飯を食べに行きたいだの、一緒に2人がいることの未来を連想させることが出来れば、やり捨てされる不安感というのを払拭することが出来ます。

やったとしても後日遊びに行くという契約があるわけですから。



ただし、未来を期待させて実行しないとただのクズになるので、しっかりと実現可能な範囲で未来連想をしてください。笑

より具体的な例示としては、こんな説得術になるでしょう。

ティノ「この後、2人きりになりたいなと思っていて。家で飲むか、一件バーを挟みたいとも思っているんだけど、どうだろう?」

りのちゃん「んー、、どうしよう、、」

ティノ「え!なんで?一緒にいたくない?」

りのちゃん「そういうわけじゃないけど…、バーなら良いよ。付き合う前に家は避けたいなーと思って」

ティノ「そっか、ただ、俺はりのちゃんのことを良いなと思ってる。りのちゃんは俺のことどう思ってるの?」

りのちゃん「良い人だとは思っているけど…」

ティノ「りのちゃんとは今後も一緒にいたいなと思って。だから、今日はめっちゃ勇気を出して誘ってみたんだけど笑」

りのちゃん「なにそれ笑」

ティノ「アナ雪2見に行く約束したじゃん?その前にうちでアナ雪1の復習しよ!」


とまあこんな感じでお持ち帰りに至るわけです。
よくもまあこんな言葉が思いつくなあとつくづく思うところもありますが。笑







とはいえ、全ては経験です。
いかに何回同じような場面に遭遇し、何回説得し、失敗し、成功してきたか。
そのボキャブラリーが広がることにより、様々な説得をすることが可能になります。

とはいえ、相手から全く興味がなければ、説得することは出来ません。
相手の反応を伺いながら、女性を不快にさせない程度に背中を後押ししてみてください。



ただし、ティノはナンパ師であり、エンターテイナーです。
常に女性を楽しませるという心がけは、忘れないようにしています。

自分の欲望より目の前の女性の笑顔を何よりも優先するような、そんな男性像を目指しましょう。

綺麗事と言われればその通りです。しかし、綺麗事を実現させる男性は、とてもかっこいいと思います。





以上、女性をお持ち帰りする際の説得術「付き合ってないとヤらないに対する対処法」でした。

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*