ナンパ師が女性をお持ち帰りする大まかな順序を公開【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第5章① 誘惑-

恋愛におけるゴールともいえる、男女の身体的接触。
ワンナイト。お持ち帰り。
そこに至るには魅力をアピールする必要がある。
どのようにすれば女性を抱ける?どういう言葉を投げかければいい?
そんな疑問に対して、今回はナンパ師が実践する女性を持ち帰る手順を公開します。





どうも!プロの教育者×ナンパ師、ティノです。

今回は実際にティノが女性をお持ち帰りする際の流れについて、解説していきます。
しかし、この女性を魅了しお持ち帰りすることは簡単なことではありません。
それが美女であるならば美女であるほどです。

ここのブログでは、様々な恋愛テクニックを紹介しています。
第1章外見、第2章振る舞い、第3章信頼関係構築、第4章口説きがあってこその今回の記事、第5章誘惑になります。
ひとつひとつの要素をおろそかにしていてはなかなか成し遂げられない領域。
難しそうだなと思った人は、過去の記事を一つずつ読んでみてくださいね。













 

ではどのようにしたら女性と男女の関係に至れるのかを早速解説していきましょう。
ただし、今回紹介するのは、あくまで「大まかな」流れです。
詳細なテクニックはこの「第5章」で解説しているので、そちらを参考にしてくださいね。










1:ナンパ師が女性をお持ち帰りする大まかな順序

過去の記事で紹介する通り、ナンパ師が女性をお持ち帰りする順序は以下の通りです。

⑦性的誘惑
⑧性的勧誘
⑨最後のクソテスト
⑩性的接触






1.1:女性を魅了するにはプロセスが最も重要

しかし、正直なところ、このようないわば結果ともいえる事象は、これまで学んだことを使用し女性を魅了出来ているかどうかに大きくかかわってくるわけです。

信頼関係構築も、口説きもまともに女性の心へ響いてない中、お持ち帰ろうとしても持ち帰れるはずがありません。
それでも貴方が持ち帰れたとするならば、それは貴方の外見が相手の好みだったに過ぎません。



もしも貴方のゴールが女性と身体的な接触をすることではなく、付き合うことであるのならば、「身体的な接触って付き合った後でしょ?もしかするとこの章はそこまで役立たないのではないか…」と思うかもしれません。

しかし、どんな恋愛においても女性と男女の関係になる瞬間というものは存在します。

そして何より、男女関係になってしまった方が恋愛は上手くいきやすいという性質も持ち合わせています。

「俺には関係ないや~」とは思わず、最後までしっかりと学んでください。笑





上述した通り、結局のところ、女性と身体的接触をするということは結果であり、それまでのプロセスによるボーナスゲームといえます。

しっかりと信頼関係を構築し、しっかりと口説き女性の心を魅了することが出来ていることが最低条件です。
その土台があってこそ、今回から学んでいく手法が生きてきます。
土台をすっ飛ばして身体的接触に至ることが出来る女性も中には存在しますが、我々が口説き落としたいのはそんな誰とでも寝るような女性ではありません。





その土台がしっかりと完成した。
その後は?

というところを解説していきます。



1.2:女性に男としての自分を意識させ、性的に誘惑する

さあ、これまで女性と共感して、価値観を共有して、自分の魅力を伝達して。
それなりの関係を構築してきました。

その後にまず行うことは、女性に男としての自分を意識させることです。つまり、女性に自分との身体的接触を連想させることが必要です。

例えば

ティノ「りのちゃん、いい匂いする」

りのちゃん「え、なんだろう、シャンプーかな」

(りのちゃんを抱き寄せる)

ティノ「本当だ、シャンプーかな。なんか甘い香り。」


巷でも解説されているようなテクニックです。
これは物理的な身体接触と、距離を近づけることで女性にその後の性的接触を意識させることを目的としています。

このように、これまで面と向かってお互いに話してきた位置関係を改め、甘い性的誘惑へとステップは移行していくのです。
これらをこの恋愛構造学では⑦の性的誘惑と呼びます。



ちなみに、このシャンプーを使用した距離詰めですが、それまでの信頼関係構築、口説きが不十分だと次のような展開になります。笑

ティノ「りのちゃん、いい匂いする」

りのちゃん「え、なんだろう、シャンプーかな」

(りのちゃんを抱き寄せる)

りのちゃん「いやいや触らないで。近い。」

ティノ「え。。。why japanese people!


はい、取り乱しました。笑

こうなってしまったら、ステップの進捗が早すぎたと認識し、⑦の性的誘惑ではなく、それまでのステップ、信頼関係構築や口説きを再度行うことで、より強固な関係を再構築する必要があります。

土台の重要性というものはもう分かりましたね。
どんなに性的誘惑を行ったところで、それまでにミスが重なっていればそれはただの迷惑行為にしかならないのです。

イケメンがやっても許されるのに、おっさんがやるとセクハラになる行為ってたくさんありますよね。
それはそれなりの異性としての関係構築がされているからであり、口説きにおいてもそれは同様のものになります。






このような女性と身体的接触に至る技術を、第5章ではどんどん解説しています。
もしもっと知りたい!と向上心のある方は、他の記事も読んでみてください!

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*