モテたいなら本当は女性も下ネタが好きであることを知れ【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第5章誘惑④-

「女性に下ネタを話すとセクハラとして受け取られるのが怖い…」
「下ネタを話すと女性に嫌われるんじゃないか…」
そんな不安を払拭するべく、下ネタの取り扱い方についてナンパ師が解説します。



はいどうも!プロの教育者×ナンパ師、ティノです!
今回はですね、下ネタという話題について本気で言及していきます。

男性はみんな好きですよね、下ネタ。
女性は下ネタが嫌いだと勝手に思い込んでいませんか?彼女たちも実は下ネタが大好きなのです。笑




1:モテたいなら本当は女性も下ネタが好きであることを知れ

女性を仮に身体的な接触へ誘惑するには、この下ネタの誘導というものが必要になります。
もちろん、いきなりディープな話題を振ったら引かれますが。笑

しかし、いやらしくない話し方をすれば、女性は夜の身体接触を連想するため、我々にとってその後の展開に有利に働くことになります。
簡単に言えば、女性の性的な本能を刺激する、そのために下ネタを展開する必要があるのです。
(こんなに真剣に下ネタについて触れるブログも珍しいと思いますが。笑)





ではなぜ我々は勝手に女性に下ネタを話すと嫌われると思い込んでしまっているのでしょうか。

その理由は、

  • 女性は外面を重視する生き物
  • どうでもいい異性からの下ネタは不快

ことが挙げられます。



1.1:女性は外面(そとずら)を重視するため下ネタのTPOをわきまえる

まず一つ目の「女性は外面を重視する生き物」ということですが、これは既にこの恋愛構造学のブログで何度も何度も解説してきたので、既にお分かりかと思います。

女性は本音と建前がまるで対照的な生き物です。
本音では下ネタが好きだとしても、それを周りに悟られるわけにはいかない…ゆえに下ネタに興味がないフリ、強いては嫌悪感を示してみたりするわけです。

そんな女性と思っていても、下ネタをフってみるとまあノリノリで乗ってきたりするんですけどね。笑



しかし、ここで何が言いたいかというと、下ネタの話題を展開するTPOを男性がわきまえる必要があるということです。

例えば、電車の中で下ネタを展開したりすると、

ティノ「りのちゃんってSなの?Mなの?」

(ガタンゴトン…ガタンゴトン…)
(ガヤガヤガヤガヤ…)

りのちゃん「はぁ?何言ってんの」


なーんてことになります。要は、大衆の面前で下ネタを展開することはNGということです。



他にも静かすぎて店員さんに会話が丸聞こえな環境下だったり、複数人会話している人がいる中での下ネタは嫌悪されます。

女性にとって「下ネタを話す自分」というのは、なるべく人目にさらしたくない姿だからです。
まあ、中には何も気にせず下ネタを展開してくる女性もいますが、どちらかというと我々が口説きたいのはそんな女性ではありません。笑

つまりは、下ネタを展開するのは、周りに会話を聞かれず、1対1で真剣な話が出来る環境下でのみ行う必要があるのです。



女性は外面(そとずら)を重視するため下ネタのTPOをわきまえる

これをまずは徹底しましょう。



1.2:どうでもいい異性からの下ネタは不快な会話となる

2つ目の「どうでもいい異性からの下ネタは不快」ということについてですが、まあこれは文字の通りです。
女性にとって何の魅力もない、その辺にいるような男性から下ネタを展開されたらそれは不快感に繋がります。

俗にいうセクハラというやつですね。





しかし、下ネタを展開するまでに、このブログで解説しているような信頼関係を構築し、価値観を共有し、恋愛に関する話もして。
ここまでが上手くいっていれば、それなりに女性からの興味を引き出せているサインが得られるはずです。
感覚でも構いません。

少なくとも、店を変えたりして2件目についてきてくれるようであれば、それなりの好感を得られています。
その恋愛の話の流れで下ネタを展開すれば、そこまで嫌悪されることはありません。





逆に女性の興味を引けていないような口説きの早い段階で下ネタを展開すると、引かれるか、警戒されます。

つまりはどうでもいい異性からの下ネタは不快な会話となったという現象が起こるわけです。
女性からの信頼感、多少の好意を得られていない段階での誘惑、下ネタの展開は無意味です。
再度信頼関係の構築から見直していきましょう。





これを何も考えず下ネタを展開している男性っていますよね、そんな男性に対して女性は嫌悪感を示します。
そんな状況を見てしまったが故に、男性は「女性は下ネタが嫌い」などという誤った認識をしてしまうのです。

TPOをわきまえ、しっかりとした関係性を構築した後に下ネタを展開すれば、それは嫌悪ではなく立派な誘惑へとなります。

これらをまずはしっかりと抑えましょう。





今回は、女性は下ネタが嫌いという、ピュアな男性にありがちな勘違いを正すべく、記事を記載しています。

そして次の記事で、下ネタを展開する際に必要な3原則を、具体例に沿って解説していきます。

答えだけ言ってしまうと、その3原則とは、「自然に」「徐々に」「いやらしさを排除して」が鉄則となります。

もしも興味がありましたら、以下の記事をご覧ください。





ぜひ素敵な恋愛ライフを。

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*