好きなタイプを知りたい時に「好きなタイプは?」と聞いてはいけない理由【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第4章③-

いつもいつも「好きなタイプは?」と聞いている男性いると思います。
そんな質問では女性の真の好きなタイプを聞き出すことは出来ません。
今回、どうしたら本当の理想像を聞き出せるのかを解説します。



プロの教育者×ナンパ師、ティノです。

今回は恋愛トークで必要な、女性の好きな男性のタイプ、理想の恋愛像の聞き出し方について解説していきます。

相手の理想の恋愛を聞き出し、それを演じることが、口説きへの近道なのは間違いありません。
どのように質問すればいいのかを、しっかりとお伝えしていきます。






1:「好きなタイプは?」と聞いても無駄な理由

早速ですが、デートでは何の為に恋愛トークをするのでしょうか。
相手の恋愛の話をぼんやり聞いたからといって、進展は見込めません。

我々が女性と恋愛トークをする理由は、女性の理想の恋愛を引出し、理想の男性像を演じる為です。
可能な限り女性に寄り添い、理想的な男性を演出し、相手の心を掴みに行く。
これが我々が恋愛トークをする理由です。





巷では、こんな会話をよく耳にします。

「〇〇ちゃんは、どんな男性が好みなの?」
「〇〇ちゃん、好きな男性のタイプは?」


合コンや普通の口説きの際にも頻出するこの一文。
なぜこんな質問が繰り広げられているのでしょうか。

恐らくですが、世の中の男性は何も考えず、そこから得られた回答に一喜一憂しているだけでしょう。

ですが、ナンパ師目線ではこうツッコミたくなるわけです。



そんな質問で理想像を聞き出せる訳ない



1.1:得られる回答は偽りの綺麗事でしかない

きっとこの質問で得られる回答は恐らくこんな感じです。

  • 優しい人
  • 引っ張っていってくれる人
  • 背が高い人


はい。
何が伝えたいかもうお分かりでしょうか。
「〇〇ちゃんは、どんな男性が好みなの?」という質問では、その女性の抽象的な恋愛の理想像しか回答されないということです。





また、巷には、「イケメン」と「金持ち」しか興味のない女性も一定数存在します。
そんな女性に同じ質問をしたところで、同じような回答が帰ってきます。
そんな回答で得られた理想の恋愛を聞き出して、その男性像を演じたところで何の得もしません。





「優しい人」が理想と言われ、愚直に「優しい人」を男性が演じたらそれはもう搾取されるだけ搾取されて、ポイッとされることだってあります。笑



まだピンと来ませんか?
それでは逆に考えてみましょう。

貴方は現在合コンに来ています。
「〇〇くんは、どんな女性が好みなの?」と聞かれました。
なんて答えますか?

  • 優しい子
  • 家庭的な子
  • 下品じゃない子
  • 一途な子


まあこんなところが頻出回答だと思います。



これって本音ですか?笑

正直なところ、男性で言えば次のところが大正解ではないでしょうか。

  • (可愛くて)優しい子
  • (まあまあ可愛くて)家庭的な子
  • (ノリの良い可愛いギャルだけど)下品じゃない子
  • (周りからモテるけど俺に)一途な子


図星の人いますよね?笑





「好みのタイプは?」なんて質問では本当の回答なんか返って来ませんし、綺麗事ばっかり返ってくることでしょう。

「お金」「外見」

そんな綺麗事ではない女性の恋愛の理想像を引き出していく質問こそ真に行うべき恋愛トークなのです。

「〇〇ちゃんは、どんな男性がタイプなの?」からはもう卒業しましょう。




2:女性の真の理想の恋愛像を引き出すテクニック

じゃあどんな質問をすればいいかというと、それはもう細かく聞いていくしかありません。

先ほどお伝えしたような、「〇〇ちゃんは、どんな男性が好みなの?」についても、もっとアプローチする範囲を狭くしていけばいいんです。

例えば

ティノ「りのちゃんが恋愛で譲れないものってなに?」

りのちゃん「うーん、難しいな…絶対に浮気しないとかかな。」


先ほどの質問とは性質が異なりますよね。
どんな男性が好きなのかというざっくりとした質問ではなく、恋愛で欠かせない最低限の条件をここでは聞き出しています





このような回答が得られば、そこに共感と理解を示していけばいいんです。
共感と理解の使い分けについては、以前紹介しているのでそちらを参照してください。




ここでティノなら「恋愛の最低限の条件」、すなわち損切りラインと判断し、共感を示します。

ティノ「りのちゃんが恋愛で譲れないものってなに?」

りのちゃん「うーん、難しいな…絶対に浮気しないとかかな。」

ティノ「浮気したら終わりだよな。俺も浮気する女は本当にだめ」

りのちゃん「ゆーてティノくん浮気しそう。笑」

ティノ「いや、付き合ってなければいろいろあることもあるけど。笑 付き合ってたら絶対に浮気しない。」


これでりのちゃんの恋愛損切りラインの一つをクリアしました。
でも損切りラインって1章でお伝えした通りたくさんありますよね。




りのちゃんにとって本当にその浮気が損切りラインなのかを次の質問で見極めていきます。

ティノ「りのちゃん、浮気しない人が恋愛で譲れない人って言ってたけど、それでもイケメンとかお金持ちだったら許せちゃうんじゃないの?笑」

りのちゃん「んー。笑 確かに前付き合った人イケメンで浮気許してしまった。笑」


はい。
結局イケメンが好きなりのちゃんでした。笑

もしこんな感じであれば、当初の浮気をしないという誠実な男性が好みという回答は実はそこまで重要視していないのかもしれないと判断します。

つまりは、綺麗事です。



2.1:女性の真意は言葉ではなく行動に表れる

ここが非常に難しい部分ではあるんですね。

先ほどりのちゃんの回答例で出した通り、浮気が譲れないと回答が返って来たとしてもそれが100%真実とは限らないのです。

まあ根本的に女性は嘘つきですから、ティノは60%くらいの感覚で言葉を受け取ります。笑



それが事実と異なるなと感じた時には、脳内修正を行います。
女性の真実は言葉ではなく、行動に現れるのです。

先ほどのやり取りでは、言葉では恋愛で浮気も最低限必要なラインにはしているとりのちゃんが話していましたが、過去の恋愛ではイケメンの浮気を許しています。

つまり、行動では 誠実性<イケメン だったわけです。

ということは、こちらの外見が相手の好みであれば、それほどお金や時間をかけなくとも、苦労することなく口説くことが出来るタイプと判断できます。



逆に

ティノ「りのちゃん、浮気しない人が恋愛で譲れない人って言ってたけど、それでもイケメンとかお金持ちだったら許せちゃうんじゃないの?笑」

りのちゃん「いやーないね。笑 元彼もそんなイケメンじゃなかったし。」


と、貞操観念が固めな回答ももちろんあり得ます。
これも6割くらい信じておいて、それならもっと誠実さをアピールしていくといった戦略に路線を変更します。

このような感じで、質問により女性の真の理想の恋愛を引き出していくのです。



2.2:女性の真意を引き出すには行動を探る

女性の理想の恋愛像を引き出すには、言葉ではなく、過去の具体的な行動を探ることが重要です。

それを聞き出す質問は無数にありますので、よくティノが使用する質問を最後に紹介したいと思います。

  • 土日は毎週デートに行ってた?
  • デートはアウトドア派?インドア派?
  • 連絡は毎日取ってた?
  • 恋人が異性と2人で遊びにいくのは許せてた?
  • どこからが浮気?
  • 恋愛はリードされたいタイプ?


この辺が王道だと思います。





特に、「恋愛はリードされたいタイプ?」は恋愛トークでは必須の質問です。
その回答がYesかNoで、この先の展開方法が異なってきます。

例えば、リードされたいのであれば、店で注文する料理、帰るタイミング、次の場所は男性が積極的に提案していくべきであって、行動に移していきます。

逆にリードはそこまで求めない女性であれば、その女性は自分の意見も取り入れてほしいタイプです。
店で注文する料理、帰るタイミング、次の場所等は一度女性に意見を聞いて、それを何となく反映したものを男性が提案する。
このことが最良の選択肢と言えるでしょう。






以上、女性の真の理想像を引き出すためのテクニックについて、解説してきました。
適切な聞き出し方を知ったみなさんは、もう「どんな男性がタイプ?」という質問からは卒業しましょう!

ティノ





-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*