仰向けで寝るとニキビが治って若返る?!寝る姿勢と美容の関係性 -第1章⑧-

「フェイスラインのニキビ、頬のニキビがどうも改善しない」
「最近ほうれい線が目立ってきた気がする」
「顔のシワや肌荒れが気になる」
もしかして、横向きで寝ていませんか?仰向けの重要性を解説していきます。



こんにちは!プロの教育者×ナンパ師、ティノです。

私はモテを追求してきましたが、その中でも肌の綺麗さはその人の健康性を表すものであり、健康的な人間の方が本能的に生き抜く力はあると判断され、また単純に綺麗に見えるのでモテます。

とはいえ、なかなかニキビに苦しむ人、はたまた最近老化が気になる人、多いと思います。
この肌荒れ、ニキビ、シワ、老化といった悩みに対しては、一番は保湿が何よりも重要になるわけです。
保湿や肌荒れの主な原因、対策については、以下のページで解説しています。





今回はそれに付随する対策として、寝姿勢とニキビ、老化の関係性について解説していきたいと思います。

ティノは、これでもかというほど睡眠を好み、愛し、研究してきました。
様々な寝具に精通し、ナンパ師として外見を磨くことを突き詰めた、そんな人間です。
惜しむことなくティノの知識と経験を皆さんに共有していきます。

横向きでいつも寝ていて肌荒れや老化が気になっている人、必見です。








1:仰向けで寝るとニキビが治って若返る?!寝る姿勢と美容の関係性

早速ですが、寝る姿勢は大きく分けて3つに分類されます。
皆さんもご存じの通り、「仰向け」「うつ伏せ」「横向き」です。
これらのメリット、デメリットは次の通りです。

①仰向け
 〇メリット:肌荒れ、ニキビが減少する。肌のたるみやシワを防ぐ。猫背の改善。
 ×デメリット:ベットや枕により熟睡度が依存し、合っていないと腰痛になる。イビキをかきやすくなる。

②うつ伏せ
 〇メリット:無し
 ×デメリット:ニキビ、肌荒れ、シワやたるみ等老化を招く。呼吸が妨げられ睡眠が浅くなることがある。

③横向き
 〇メリット:寝具が多少合ってなくても熟睡出来る。イビキをかきずらい。
 ×デメリット:ニキビ、肌荒れ、シワやたるみ等老化を招く。身体が丸まり姿勢が悪くなる。

それぞれメリット、デメリットはありますが、一つだけ言えることがありますね。
うつ伏せで寝ている人、今すぐ改善してください

うつ伏せは睡眠による身体疲労の改善、美容の観点から見ても、なんのメリットもありません。ただただデメリットしかないので、今すぐ姿勢を矯正しましょう。

さて、それぞれのメリットを解説しましたが、きっと皆さんの頭の中にはなぜそう言えるのか?が思い浮かんでいることと思います。
そんなメリットの理由を解説していきます。



2:肌と枕が接地していると肌環境が悪くなる

まず仰向けだとニキビが治る要因ですが、単純です。
地肌と枕が接地していると、そこは肌呼吸が妨げられ、細菌が増殖し、ニキビが発生してしまうのです。
つまりは、仰向け寝だと顔が枕と接地しないため、睡眠中のアクネ菌の増殖をうつ伏せ寝や横向き寝と比較し抑えることが出来るんです。



意外と気にしていないかもしれませんが、枕カバーの汚れ、とんでもないんですよ。
毎日お風呂に入った後に寝ても、人間の頭は皮脂の塊ですから、それを餌とした細菌がとても増殖しています。
少なくとも枕カバーは1週間に1回、出来れば3日に1回は洗濯したいところです。

そんな皮脂まみれの枕に顔をつけて寝たら、そりゃニキビは増えるわって感覚しますよね。

これが仰向けで寝るとニキビが治る理由になります。



3:横向きで寝ると重力によりしわやたるみが発生しやすくなる

女性、はたまた昨今では男性の大敵でもある、シワやたるみ
横向きで寝ると増加しやすくなる原因も単純です。重力による引っ張りです。

これも感覚で分かるとは思いますが、横向きの時って、その名の通り横向きに肌、とくに頬が落ちますよね。
それを毎日毎日6時間も8時間も引っ張られたら、そりゃその変な癖がついてしまいます。
これがシワやたるみに繋がってしまいかねないわけです。





対して仰向け寝だと、後ろ側に引っ張られるので、頬を支えている表情筋を正常な位置で休めることが出来るわけですよ。

つまり、変な癖が付くことがなく、シワやたるみの原因にならない。

もう感覚的に分かりますよね。
このような理由から、仰向け寝は美容の観点から言うと非常に良いポジションなわけです。



4:イビキと寝姿勢の関係

これは余談ではありますが、仰向け寝だとイビキが発生しやすくなります。
イビキの発生原因は主に睡眠中の舌根落下が原因です。



しわやたるみの原因で解説した通り、仰向け寝だと重力で舌根もまっすぐ落ちてしまうんですね。
その舌根落下により、気道が狭まり、音が発生してしまうのがイビキというわけです。





これが横向け寝だと、舌根が垂直に落下することを防げるため、比較的気道を確保出来ます
そもそも、イビキをかく場合には鼻が悪いことや太っていることが多いので、そちらを改善する方が早いかもしれませんが…。

鼻が悪ければ耳鼻科に、おデブさんはダイエットを試みましょう。
鼻が悪いと口臭の原因にもなります。



また、デブはモテにとって一番の天敵です。
痩せましょう、以下の記事でも解説しています。






5:最初の3時間の寝姿勢をキープするため、寝つきの姿勢が大切

さて、なんとなく仰向け寝の方が美容に良さそうな理由は分かってもらえたかと思います。
しかし、誰しもが思うはずです。


そうはいっても、寝返りうつし、寝る姿勢なんて変わっちゃうじゃん!



その通りです。人間は寝ている間に何十回も寝返りをうち、自身の姿勢を矯正する生き物です。
つまりは、いかに寝姿勢を矯正したとしても、無意識化で姿勢を変えてしまうのだから無意味…そう思われるかもしれません。



ですが。

寝つきの姿勢を矯正することで、最初の睡眠の3時間における寝姿勢をキープすることが可能なんです!!これが超重要。





人間は、レム睡眠とノンレム睡眠を、つまりは深い睡眠と浅い睡眠を1.5時間おきを目安に繰り返すと言われています。
しかし、その中でも寝始めの最初の3時間、この3時間が、睡眠サイクルの中でも最も眠りが深い、つまりは寝返りが少ない時間だと言われています。

一説ではこの最初の3時間でほとんどの疲労を回復しているとか…

最初の3時間は寝返りが少なく、寝付きの姿勢が維持されることがほとんどです。
仰向けで寝ることにより、この3時間の睡眠時の姿勢をキープすることになり、肌荒れや老化の防止に繋がるわけなんですね。





そのため、寝つきを仰向け寝に矯正することが重要なんです。
本当にその3時間で何か変わるのか…と思うかもしれません。
その結論は、仰向け矯正を実施して確かめてみてください。





勿論、睡眠時間そのものが短いのは元も子もないので、たっぷりと睡眠時間を確保できることが大大大前提です。





特に、横向きで寝ると身体を丸めて寝てしまう人多いと思います。
やはり丸めて寝るという行為は、人間にとっては不自然なポジションであり、猫背の原因になりかねません。
ここを矯正するためにも、最初の寝つきを仰向け寝で変えるというのは大きな効果があります。


寝た時は仰向けだったのに起きたら横向き寝だった…



そんな人も落胆する必要はありません。
睡眠の少なくとも3時間以上は、仰向け寝を実践したはずです。


最初は違和感を感じるかもしれませんが、人間は環境適応能力を備えた生き物なので、そのうち仰向け寝に抵抗がなくなってきます。

是非、美容のため、仰向け寝に矯正してみてください。
やはり綺麗な肌、若々しい肌というのは、異性に魅力的に映ります。

しかし、睡眠の何よりの目的は美容の前に疲労回復です。
枕やベッド等の寝具が身体に合っていないと、仰向け寝が苦しい…なんて事態になりかねません。仰向け寝で腰痛を招く原因にもなります。

理想的な寝具選びのコツは以下の記事を参照してください。







以上、ナンパ師が己の外見を磨くためにたどり着いた、睡眠に関するテクニックでした。

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*