嫌われる勇気が恋愛には必要!目の前の女性を失う覚悟がある者にこそ、女性を愛する資格が与えられる【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第4章14-

貴方は目の前の女性と恋愛をしたいと思うとき、その女性を失う覚悟はありますか?
そうでなければ貴方も大衆の一人と変わらないのです。
大衆と変わらなければ、幾多の男性が群がる美女を口説くことは出来ません。

恋愛で必要な嫌われる勇気について、1から解説していきます。





どうも、プロの教育者×ナンパ師、ティノです!

今回は、ストリートナンパ師であるティノが、目の前の女性を失う覚悟の重要性と覚悟の持ち方についてお伝えしていきます。

恋愛において失う覚悟、嫌われる理由というのはとてもとても重要になりますので、一字一句見逃さずに!




1:目の前の女性を失う覚悟がある者にこそ、女性を愛する資格が与えられる

この表題からお伝えしたいこと、伝わりましたでしょうか。
そんな昔の市民の男性と貴族の女性のように、駆け落ちして、失敗したら殺される、そんなリスクを犯せと言っているわけではありません。笑

つまるところ、目の前の女性に愛想を尽かされる可能性を恐れていたら大胆なアプローチが出来なくなってしまい、その結果大衆の男と同じような行動しか取れなくなってしまう、ということです。



特に女性は全ての事象に理由を必要とします。

「彼氏が構ってくれないから」

「終電を逃したから」

は特に代表各で選択される理由になります。
要は、自己責任で行う行動を避ける傾向にあるのです。
たとえそれが本当は自己責任だったとしても、自身の精神下では必ず理由づけ、責任転嫁を行います。



そしてその中の一つに、「強引だったから」という理由も含まれています。

この強引さ、多少のリード力というものは女性を口説くのに重要なものなんです。
勿論、強引にやりすぎて、本当に女性が嫌がっているのに、それに気付かず、無視して行動するような男性はもってのほかです。
今すぐ恋愛のフィールドから遠ざかってください、一歩間違えればストーカー、犯罪者になりかねません。

そういうことではなく、たとえば要所要所で決断出来たりとか、次の行動を決めたりとか、そういったことをティノは言いたいのです。

少し話が逸れましたが、つまり、目の前の女性を失いたくないが故に、大胆な行動が出来ないと、そういったリード力といったものが失われてしまい、魅力のない男性像として女性に認識されてしまうということをまずは理解してください。




2:目の前の女性を丁重に扱いすぎた結果がもたらす代償

目の前の女性を失う覚悟がなければ、リスクを犯せません。
大胆な行動が出来ません。
その結果、どのようなことが起こるでしょうか。

嫌われるのを恐れ、リードが出来ない男性というものは、次のような行動をとりかねません。



2.1:女性の興味がなくなるのを恐れ、つい奢ってしまう

大衆の男性がやりかねない愚行ベスト1といっても過言ではありません。

ティノ「すいませーん、お会計ください!」

りのちゃん「……」

ティノ「(怪訝な表情でこちらを見つめている…)」

ティノ「(うっ…なんだかお金を要求しにくい…。ケチな男性と思われてしまいそうだ…)」

ティノ「す、すいません、クレジットで…」


はい。

思い当たる節、ありませんか?笑


ティノも昔はよくやってしまいました。
ここには日本というお国柄、お金という話題に対して少しシビアな部分というか、あまり口にしずらい文化があることも影響しているとは思いますが。

それでも初対面の女性に対して軽々しく奢ってしまうことは、自身の機会損失、自分の魅力はお金しかありませんとアピールしているようなものです。
その結果、女性からはただのご飯を奢ってくれる都合の良い男性として認識されてしまいます。

そのような男性がどうなるか。
もちろん、都合よく扱われるので、恋愛対象からは外されます。
利用できる男、というレッテルが貼られるのです。
そして、女性は何も支払っていないので、愛という対価を回収しようとしません。

この辺は以前解説しているので、そちらの記事を参考にしてください。
間違っても女性コンサルタントやらがいうこの迷言に惑わされないように。






もうわかると思いますが、奢るというその背景に、相手の女性を失う恐れがあってはなりません
たとえば、会社の後輩とか、いつも親切にしてくれる友人とか、そこに「感謝」等のポジティブな気持ちがあれば奢ったって利用なんかされません。

その些細な気持ちの変化を女性は察知してきます


なんでもかんでも奢るな、と言っているわけではありません。
それこそ、TPOに応じて奢る奢らないを選択していただきたい。
ただ、「奢らない」という手段を敢えて使用することも覚えてください。



2.2:女性を失うことを恐れ大胆な行動が取れない

女性を口説くには、それなりに感情を動かす必要があります。

その手段としては、ボディタッチや距離の接近、それこそホテルへの誘導などがありますよね。
でもこれって、失敗するととても距離を取られます

そりゃそうです。
興味のない男性からいきなりボディタッチをされたり、カラオケとかの密室空間に連れていかれたり、ホテルに誘われたりすることはあまり良いとは思いませんし、異常なほど警戒されます。
(ゆえに会社内恋愛等は時間がかかるのです。今後のリスク管理を考えると、慎重にならざるを得ません。)

だからといって、毎回毎回無難な居酒屋に行ったり、いつまでもプライベートゾーン(本人が近づかれると不快に思う最低限の距離、おおよそ30cmくらい)に入り込まないでいると、心の距離を詰めることが出来ず、ただの「良い人」で終わってしまいます。



ここぞというときに、距離を詰める、カラオケやホテルに誘う、手をつなぐ。

これらの行動をできる男こそ、リード力、行動力がある魅力的な男性として女性には見えるのです。
そしてこれらの行動は、女性を失う恐れを心に抱いていると行動に移すことが出来ません

失敗を恐れず、行動してください。
そしてそこには、女性からの「拒否」(=ナンパ師の中ではこれをグダと呼びます)が必ず発生します。

この拒否について、必ず一段階目に拒否があるということを覚えてください。
その拒否で滅入ってはいけません。その拒否を乗り越える程度の強引さを兼ね備える必要があるのです。

この一段階目の拒否については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてくださいね。






勿論、その形式的な拒否を超えた本気の拒否にもしつこく強引さで押していくことはタブーです。
そのタブーを犯すと次のような雰囲気になります。

ティノ「りのちゃん、手つないでいい?」

りのちゃん「え、、、私たち友達でしょ?」

ティノ「いいからいいから」

(手を握る)

りのちゃん「いやいやいや」

(手を払いのけられる)

ティノ「なんで?!いいじゃん!!」

(手を握ろうとするも避けられる)

りのちゃん「いや!そういうつもりじゃないから!」


はい。最悪ですね。笑
これは最初の雰囲気で察しておくべきパターンになります。

しつこくし過ぎるとデメリットにもなりますが、手をつなごうとする姿勢を見せることで、自分たちは男女なんだと、女性に認識させることが出来るメリットもあるので、行動したことは正解なんです。

これはそれが行き過ぎてしまったパターンになります。
最初の拒否で、信頼関係の構築度合いを判断し、しつこく迫らず、そこで止めておけば、次に良い影響をもたらしたはずです。





何はともあれ、まずは勇気を出して行動することが重要なのです。
そうすることで、大衆の男とは違う、一つ上の男性像になることが出来ます。
みんな失敗は怖いんです。
でもそれを恐れなければ、大衆のモテない男たちから一つ抜け出すことが出来ます!




3:嫌われる勇気を持つ方法

さて、今まで嫌われる勇気の必要性について、たくさんの理由を解説してきました。

といっても
「やっぱり目の前の女性を失いたくないよ!失敗が怖い!」
と、ほとんどの人が思うと思います。

とてもとてもその気持ち、分かります。
まずはそう思える女性に出会えたことを素直に喜びましょう。
そして、大事にしすぎて機会を失ってしまうことの方がリスクということをまずは覚えてください。



3.1:やらない後悔よりやった後悔を

今までそうやって慎重になりすぎて、何回機会を損失してきましたか?
もうそんな勿体ないことはやめましょう。
失敗したら、次につなげればいいんです。その目の前の女性より良い女性を必ず捕まえると覚悟を決めるのです。
失敗しなければ、行動しなければ何も学ぶことは出来ません。

無難な対応を繰り返したって、自分は成長しません。やらない後悔よりやった後悔です。
今までの人生を振り返ってみてください。

「あーしておけば良かったな」「もしやってたらうまくいったのかな」


と思うことの方が、「やらなければ良かった」と思うことよりも多くありませんか?
行動をしなかったのは、それほど人間に大きな後悔を与えます。





どんどん行動してください。
…なんか恋愛というより人生に対する自己啓発に近くなってしまいました。笑



3.2:複数の女性に同時アプローチする

こんな題名みたいなことを言ってると

なんてことを言うんだ!!!!

と、間違いなく怒られます。笑



貴方はおそらく目の前の女性を一途に思い、一途に追いかけ続けています。

それが間違いなんです。


一人だけの女性を追いかけるということは、後がない、ようは背水の陣のような気持ちになってしまいます。
そして、気が付かないうちに余裕がなくなり、魅力的な男性像からも逸脱し兼ねません。



はっきり言います。

一人だけの女性を追うというのは、リスクです。

それならば、複数の女性に同時アプローチを行いましょう。
勿論、優先順位をつけたってかまいません。
一人の女性に固執しないように、複数の女性を狙っておくのです。
そうすれば、ここで失敗しても、次のあの子にアプローチすればいいや。と、余裕が生まれ、目の前の女性を失う恐れを軽減することが出来ます。





女性にとっては失礼なことかもしれません。

ですが、貴方は恋人もいなければ結婚もしていません。
そして女性のほとんどが、複数の男性から同時アプローチを受けていて、その中から選りすぐりしています。

マッチングアプリの女性なんか代表的ですよね。
男性が女性に群がり、女性は男性を比較し、その中から一番の男性を引き抜こうとしています。

それならば、我々も同時アプローチしたっていいじゃないか。そんなマインドを持ちましょう!
浮気をしているわけでもありません。最良の女性にたどり着くための最善の行動を取っているに過ぎません。



と、言ったものの「俺は付き合う前から一途でいたい!!!」という人もいるはずです。
その場合は、それはもう強靭なマインドを自身に染み込ませるしかありません。
目の前の女性を失うことを恐れず、常にリードできるような男性になってください。

正直、難しいですが、かっこいいです。








以上、目の前の女性を失うことを恐れずに行動することの大切さは伝わりましたでしょうか。
嫌われる勇気を持ち、女性を失うリスクを伴う行動を取れる男性こそモテるということを認識してください。
失敗をおそれず、魅力的な男性になり、どんどん行動していきましょう!!

ティノ







-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*