デートで必須の恋愛トーク術!過去の恋愛から相手の好きなタイプを聞き出す方法【プロの教育者×ナンパ師が教える恋愛術】-第4章⑦-

どんな恋愛トークをすればいいのか分からない。
相手の好きなタイプの聞き出し方ってないの?

そんな人はまずこの記事を読んでください。
ナンパ師が必ずアポイントで実践する恋愛トーク術を解説します。
重要なのは、過去の恋愛を聞き出し、恋愛価値観を汲み取ることなんです!






どうも、プロの教育者×ナンパ師、ティノです!

早速ですが、今回は恋愛トークで必須とも言える、過去の恋愛を聞き出し、相手の真の好きなタイプを把握していく方法について紹介していきます。


中には、相手の過去の恋愛はあまり聞きたくない!っていう人もいますよね。

気持ちは分かります。
そりゃ元カレなんて嫌いです。
自分がいままさに口説こうとしているあの子とあんなことやこんなことをしたなんて…羨まし、憎たらしい!笑

ですが、口説く上では相手の過去の恋愛は非常に有用なものになります。
割り切って過去の男を使用して、目の前の女性を口説いてしまいましょう。




1:相手の好きなタイプを聞き出す方法

それではどうやって相手の好きなタイプを把握していくかですよね。
大切なことは、「相手に質問をして過去の恋愛を話してもらう」ということです。





好きなタイプを聞くときに、「好きなタイプは?」と聞いてもそこに真の答えは含まれていません
その理由と、質問の仕方を簡単に以下の記事で紹介しています。
今回は、そこの質問の仕方と、注意点についてもっと掘り下げていきます。





1.1:過去の恋愛を聞き出す事による+αの効果

この過去の恋愛を聞き出すことによるメリットはもう一つあります。

それが、感情を追従させることが出来ることです。

人は不思議なもので、過去の物語を連想すると、ふとその時の感情に浸る傾向があるんですね。
特にこれは女性に顕著に効果的で、論理ではなく感情を優先する女性だから当てはまる性質とも言えます。



つまり、楽しかったこと、つらかったこと、ドキドキしたことを思い出させてしまえば、こちらがなんの努力をしなくとも女性はその感情に浸ってくれるわけです。

女性に様々な感情のシーンを回想してもらうことで、まるで昔からの関係性があったかのように女性は勘違いしてくれます。

歴代の男たちが時間と金を積み上げて彼女に味あわせてきた感情を、我々はいとも簡単に使用することが出来てしまういわば裏技のような手法。

過去の男というのは、その女性が口説かれるラインを超えた男たちです。どんどん使用していきましょう。



1.2:過去の感情へ相手を誘導する

それではどのように過去の恋愛を聞き出していくか。
これは適格な質問を女性にすることで過去へ回想させることが可能です。

それでは一つ一つ見ていきましょう。

ティノ「今までのデートで一番心に残ったデートってどんなデートだった?」

りのちゃん「え!今まで?!えーなんだろう、、、元カレと箱根に行った時かな」

ティノ「箱根か!温泉旅行とか?」

りのちゃん「そうそう!」

ティノ「どんなデートだったの?」


はい!こうして過去に一番心に残っているデートへ回想させることが出来ます。

間違っても、

ティノ「今までのデートで一番心に残ったデートってどんなデートだった?」

りのちゃん「え!今まで?!えーなんだろう、、、元カレと箱根に行った時かな」

ティノ「そうなんだ。楽しそうだね。」


なーんて浅い会話なんかでは終わらせないでくださいね。笑
しっかりと過去に対する質問をしたら、その体験を追従させるよう、細かく記憶を辿ってもらいます。
とはいっても、あまりに詳細を質問すると「なんだこいつ。めっちゃ過去詮索してくんじゃん。きも。」となり兼ねないので、最初に例示したようなところが無難かと思います。

他の質問も形は同じです。

ティノ「じゃあ、今まで恋愛で一番うれしかったことはなに?」

りのちゃん「んーなんだろう、、、ほんと些細なことだよ」

ティノ「たとえば?」

りのちゃん「仕事が長引いたときに待っててくれたとか、風邪ひいたときに看病しに来てくれたとか」

ティノ「なるほど、優しい人だったんだね。(なるほど。この子は自分に気を遣ってくれたような行動が一番心に残るんだな。)」


という感じで引き出していきます。
括弧の中身は実際に演算しているティノの感情を表しています。

女性の行動、心理的な動きから、その女性は何に心を打たれやすいのか分析し、同じような行動をとれないか模索していきます。
それが一番口説く近道になりますから。



まるで大学のテストの過去問を入手したかのような現象ですね。笑

今回のパターンで言えば、女性は気を遣われることにグッとくるタイプでした。そうであれば、

寒いときにあったかい飲み物を渡してあげる
居酒屋で段差があるときなんかは先に教えてあげる

そんな小さい行動を積み重ねていきます。



他にも、恋愛で

  • 一番悲しかったこと
  • 一番怒ったこと
  • 一番泣いたこと


こんな質問をしていきます。
特に、恋愛の価値観を聞き出すときには、YES/NOで回答出来ないオープンクエスチョンが効果的です。

勿論全部細かく一つずつ聞いてしまったらそれこそ尋問みたいになってしまいますので、その辺は空気を読みつつ今までの記事で紹介したような会話術で質問責めにならないように注意していきます。

そしてだいたい質問したら質問し返されますから、その時はなんて回答するかも考えておけると安全です。



次に、過去の恋愛を聞き出す時の注意点をお伝えします。




2:女性の元カレを否定してはならない

これ、結構やりがちです。
いくら元カレムカつく!と思っても、それを女性の前でさらけ出してはなりません。

相手の女性の話を聞いているといろんなクズ男の話も飛び出してきます。

  • パチスロ野郎だった
  • ギャンブラーだった
  • DV野郎だった
  • ヒモ男だった
  • 何股もかけられていた
  • 既婚者だった
  • ナンパ師だった。笑


つい我々は、自分を正当化し、美化し、目の前の悪者を全力で否定したくなりがちです。
しかしそれは、第三者目線で考えると、何も口説きにはつながりません。

「そんな男最低だね!!別れて正解だよ。なんでそんな男と付き合ったんだか」


こんなことを言ったところで、女性の評価はプラスにはなりません。

そんなことを言うのであれば、

「それは大変だったね。逆にそれに気付けて、偉かったじゃん。よく頑張りました。」


こんな懐の広い余裕のある男性像を演じましょう。
忘れてはならないことは、その女性はその過去の男性を一度は好きになったという事実です。

やはり人間たるもの、一度深い関係になった人を何も知らない他人に否定されるのは同調だとしても良い気持ちにはなりません

りのちゃん「こんな男だったんだよ!!最低じゃない?!○ねばいいのに!!」


なんていう口の悪い女性だったとしても我々は同調せず、理解を示します。
あくまで我々の口からはマイナスな言葉は発してはなりません

このことに是非気をつけていただきたい。




ということで今回は相手の過去の恋愛から好きなタイプを探る質問術でした!
また相手に過去の感情になってもらうことで、それが今の感情に干渉してきます。
そうすることで、我々は居酒屋にいながらたくさんの経験を目の前の女性とすることが出来るのです。

繰り返しになりますが、女性に様々な感情のシーンを回想してもらうことで、まるで昔からの関係性があったかのように女性は勘違いしてくれます。
より信頼関係を構築していくために、前の男を利用し、いろんなプレゼント、感動、旅行、ドキドキ、ときめきを女性に与えてしまいましょう。

ティノ






-------「恋愛構造学」を広めるため...1日1クリックでティノの応援をお願いします!------
↓↓ティノを応援する(ぽちっ)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*